OPPO R15 Neoを100円で入手したはなし


私はこの春に入社したのですが、その際に仕事用にスマートフォンを1台新規購入しました。OPPO R15 Neo(3GB)です。

こちらいくらで買ったと思いますか?なんと、、、100円です!月々100円で24回払いではなく、一括100円です。何か悪いことしたとかそういうことはなく、IIJmioのキャンペーンだったのです。こちらです。

24回払いですとなんと月々5円。まさに桁違いの安さでした。実際に他の機種と桁が2桁違いますね。

こちらの機種は「画面がでかい」「バッテリーが大きい」「デュアルSIM」なところが気に入っています。SenSproutで仕事をする上で、実際に助かっています。

・画面が大きい
OPPO R15 Neoの画面サイズは6.2インチ。iPhone Xsの画面サイズが5.8インチ、iPhone Xs Maxの画面サイズが6.5インチですから、ちょうど中間くらいでしょうか。私はもともとiPhone Xを持っていたので、それより大きめの端末を追加で入手したことになります。OPPOでメッセージの履歴やスケジュールを確認しながらiPhone Xで電話をするという二刀流がなかなか便利だなと思っています。

・バッテリーが大きい
OPPO R15 Neoのバッテリー容量は4,230mAh。これに対してiPhone Xsが2,658mAh、iPhone Xs Maxが3,174mAh。iPhone 8で1,821mAhです。なんとiPhone 8の2倍以上の容量があります。
普段ですと丸1日コンセントの無い場所で仕事をすることは無いので充電も可能ですが、先日農作業研修に行った際には終日屋外でしたのでこのバッテリー容量の大きさが威力を発揮しました。丸1日充電せずに使用しても夕方5時の時点でまだ残量が30%程度あり、大変助かりました。もしiPhone Xだけで運用したら恐らく夕方まではもたなかったと思います。

・デュアルSIM
OPPO R15 NeoはSIMが2枚刺さります。そして両方のSIMで電話の同時待受が可能です。データ通信はどちらのSIMを使うか選択することで、どちらのSIMでもデータ通信可能です。さらに2枚のSIMとは別にmicroSDが刺さります。
1枚のSIMを通常の仕事用として使い、もう1枚はお客様からの問い合わせ対応専用として使うのが良さそうだなと思っています。業務ごとに電話番号を分けておけば仕事も処理しやすくなります。

このように大変便利に使っているOPPO R15 Neoですが、強いて言えば弱点が2つあります。

・Color OSに馴染まない人もいるかもしれない
ぱっと見、Androidじゃないんじゃないのかと思うくらい素のAndroidとは操作性が異なります。iOSのUIによく似ています。そこがダメな人がアンドロイダーには多いんじゃないかと思います。私はずっとIPhoneをメインマシンとして使ってきたので、とても重宝していますけど。

・Felica無し、防水・防塵無し
Felicaはありません。兄弟機のOPPO R15 ProはFelica対応しているけどNeoにはありません。私の場合はiPhone XでFelicaは使えるので、サブ機として使っているOPPO R15 Neoが対応していなくても何も困りません。常に2台持ち歩いているので。むしろFelicaが無い分だけ安いならその方がよいということになります。

それよりも若干不安なことが1点あり、それは顔認証です。先日、マスクをかけていたのに認証されてしまったような。。。まあ気のせいかもしれません。花粉症の季節には便利ですね!って違うか

とにかくおすすめの1台です。私は100円で入手できたからでしょうけど。みなさんもOPPO、使ってみてくださいね。