練馬大根、ねり丸キャベツ


今日は練馬区に来ています。練馬といえば豊島園!ではなく大根を思い出しませんか?いわゆるひとつの練馬大根。石神井公園の駅を降りて北へ5分くらい歩いただけでこんな広々とした畑があるんですね。

見るからに大根だな、というものがたくさん植わっています。

しかし練馬区のホームページでも解説されているとおり、昭和30年代以降は大根の栽培は衰退し、キャベツの栽培が盛んなのだそうです。私は知りませんでした。

練馬区ホームページ 練馬大根とは
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kankomoyoshi/annai/fukei/daikon/daikontoha/index.html

キャベツの栽培が盛んであることは東京都農作物生産状況調査結果(20ページ目)を見ると確認できます。練馬区で大根の作付面積は14.8haなのに対し、キャベツの作付面積は43.3haですね。大根はブロッコリーの作付面積15.4haにも抜かれています。

東京都農作物生産状況調査結果報告書(平成28年産)
https://tokyogrown.jp/learning/library/img/agriculture_report_2016.pdf

「ねり丸キャベツ」というブランドがあり、JA東京あおば野菜流通協議会が命名して平成28年に初出荷したたのだそうです。力が入ってますね。

練馬区プレスリリース 平成28年10月26日
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/koho/hodo/h28/2810/281026-2.files/281026-2.pdf

ちなみに「ねり丸キャベツ」の「ねり丸」というのは練馬区の公式アニメキャラクターだそうです。ご当地ゆるキャラですね。

ねり丸 オフィシャルページ
https://animation-nerima.jp/nerimaru.html

ねり丸のプロフィールとして、ルックスは練馬大根と馬にインスパイアされたそうです。キャベツではないのか。。つづく