「スマート農業スタートダッシュミーティング」にご来場ありがとうございました


6/14(金)に農林水産省主催「スマート農業スタートダッシュミーティング」が開催されました。以下をテーマとしてその関連企業が集まって機器等の展示とプレゼンテーションを実施しました。

耕種(米、野菜、果樹):ドローン、水位計測・調整、施設環境制御、経営・生産管理システム、運搬等ロボット、除草ロボット
畜産:家畜管理、畜舎関係技術
品目共通:鳥獣害対策、アシストスーツ

SenSproutは施設環境制御の枠で参加しました。
主催者の発表によると事前登録が500名を超えていたとのこと。この数字は前年度の2倍を超えていたそうで、当日も大盛況でした。

開始時刻の10時半時点で、既にたくさんの来場者が開場を待っていました。

𠮷川農林水産大臣の挨拶でイベントは幕を開けました。

各社ブースには来場者がなだれ込み、終日賑わいを見せていました。

SenSproutブースではSenSprout Pro センサーシステム、SenSprout Pro 灌水制御システムの実機を展示して実際に動作する様子をご覧いただきました。また、大型モニターにて今年4月にSenSproutのシステムが導入されたJA福岡大城アスパラガス部会の農家の圃場の様子を映像でご覧いただきました。

SenSprout、遠隔で灌水予約・管理ができる「灌水制御システム」の有用性が認められ大川市が導入を促進
http://sensprout.com/ja/2019/04/25/2089

以下がモニターを使って流していた映像です。

SenSproutブースにいらしたお客様は行政機関、金融機関、農業生産法人、農業機器メーカー、研究者など、多岐に渡りました。

たくさんの方々に関心を持っていただき、今後の営業活動に弾みがつくイベントとなりました。またこのようなイベントがあれば是非参加してゆきたいと思いますので、お声掛けいただける場合にはよろしくお願いいたします。